ブログ

ブログ詳細

当社の施工事例や活動内容などをご紹介いたします。

タスペーサ 屋根施工

2021.09.04

お世話になっています。関西リペイント株式会社です。
今回はタスペーサー(縁切り部材)のお話しです。カラーベスト(コロニアル)屋根の塗装はタスペーサーが必須工事です。カラーベスト屋根材の構造は垂木、野地板、ルーフィング(防水シート)その上にカラーベストわ重ねるように敷き詰めていきます。カラーベストの経年劣化による塗装の際には必ず重なりあってる箇所に隙間を作る事が必要です。なぜなら、大雨や台風など想定外の雨が降った時には構造上屋根材の下には雨が入り込みます。温度差による結露も発生します。その雨や湿気を外に逃がす役目を担うのがタスペーサーです。
新築時にはその隙間があるので問題はありませんが、塗り替えをする上で塗料が屋根材と屋根材での隙間に入り隙間が埋まってしまいます。塗装で塞いでしまわない為の処置です。屋根塗装をご検討されてる方は見積りの中にその作業が明記されてるかどうか必ずチェックしてください。

南大阪や和歌山での外壁塗装・屋根塗装は創業50年以上の実績豊富な当社へ!相談無料・調査無料・見積もり無料!スマホでリモート見積!