塗装工事・防水工事の豆知識

豆知識の詳細

ラジカル塗料とは。

2022年12月22日

お世話になっています。
泉南市、泉佐野市を中心に外壁塗装・屋根塗装・屋根リフォーム工事を行なっている関西リペイントです!

ご自宅の塗り替えを検討している方の中には塗装業者から見積りをもらった際に「ラジカル塗料」の説明を受けた方もいらっしゃるかと思います。

ただラジカル塗料の説明を受けても難しいと思われたのではないでしょうか。

今回はそのラジカルについて分かりやすくご説明したいと思います!

そもそもラジカルって?

よくラジカル塗料と言われるため、塗料の中にラジカルというものが入っていると勘違いをされている方も多いのではないでしょか?

塗料の成分の一つである顔料に含まれる酸化チタンが紫外線などの影響を受けると、塗膜を破壊する物資を発生させます。

その物質がラジカルなんです。

簡単に言えば顔料や樹脂を含む塗料を劣化させるエネルギーとお考えください。

そのラジカルを制御する技術が搭載されている塗料をラジカル塗料と呼び、正式名称は※「ラジカル制御型塗料」になります。

※ラジカル制御塗料については、このあとまた詳しくご説明させていただきます。

 

ラジカルを発生させる要因となる酸化チタンって?

酸化チタンが、と言われてもピンときませんよね。

酸化チタンとは、外壁塗装をする際、白系の色に調色するときに必要な白色顔料のことを言います。

下地の色を隠す力もあり、淡色系の外壁にする場合必ず必要な顔料でありながら、ラジカルを発生させてしまう成分でもあるのです。

外壁の塗り替えサインの一つであるチョーキング(白亜化)。

経年劣化によって、塗膜の表面に白い粉状のものが付く事で、外壁塗装を検討させている方ならば耳にしたこともあるかと思います。

このチョーキングも紫外線の影響で発生したラジカルが塗膜を劣化させることにより、引き起こされる現象の一つです。

 

ラジカル制御型塗料

一般の塗料にほぼ含まれているのが酸化チタンであり、外壁を塗料で塗るには酸化チタンが必要と言っても過言ではありません。

ですがラジカルが発生すると耐久性が落ちてしまいます。

そこでラジカル制御型塗料です。

ラジカル制御型塗料にはラジカル抑制技術として、高耐候酸化チタンと光安定剤が配合されています。

紫外線を受けて酸化チタンの表面に発生したラジカルを閉じ込めるバリヤー効果があるのが「高耐候性酸化チタン」

発生したラジカルをキャッチして抑え込み、ラジカルの活動を封じる効果があるのが「光安定剤」です。

ラジカル制御型塗料は、この二つの相互作用によって塗料の耐久性を上げ、劣化を防ぐことができるのです。

 

まとめ

今回はピンポイントでラジカルについてご説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

ラジカル塗料とはシリコンやフッ素のように塗料の中に含まれている成分とは違い、劣化の原因となるラジカルを発生させないための塗料のことです。

正しく理解したうえで、外壁や屋根リフォームの塗料として候補に選んでいただければと思います。

 

関西リペイントでは外壁診断士の資格保有者が、責任をもって現場調査に伺わせていただきます。

最新のドローン撮影による屋根診断、外壁診断を無料実施!

しっかり調査し、皆様のお家の状態をチェックいたします。

外壁塗装をはじめ、屋根塗装・屋根カバー工法工事・防水工事・雨漏りまで、それぞれのお客様のお家に一番最適な工法や商品をご提案しております。

外壁・屋根・屋根リフォームでお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

泉州地域 大阪府 和歌山県 泉南市 泉佐野市 阪南市 熊取町 貝塚市 岬町 岸和田市 岩出市

もどる

1ページでわかる!創業55年以上続く関西リペイント株式会社

なぜ関西リペイントが選ばれ続けるのか?選ばれ続ける理由はこちら