塗装工事・防水工事の豆知識

豆知識の詳細

外壁からの雨漏り

2022年09月25日

台風の季節ですね。梅雨からこの時期にかけて雨漏り工事のお問い合わせをよくいただきます。

皆さんは屋根からの雨漏りはよくお聞きになると思いますが、実は外壁からも雨漏りすることをご存じですか?

雨漏りは原因の特定が難しいとよく言われるのは、僅かな隙間からでも雨水は屋内に侵入してしていくからです。

屋根からの雨漏りは雨染みなどで気づくことも多いですよね?

しかし外壁からの雨漏りは目に見てわかる症状が出ないことも多く、気づいたときには外壁内部の躯体などが腐食してしまっている。といったケースもあります。

今回は外壁からの雨漏りについてご紹介させていただきます。

①外壁のひび割れからの侵入

実は外壁のひび割れから雨水が侵入することも非常に多く、特にモルタルの外壁はひび割れが入りやすく、注意が必要です。またビスの周りからひびが入ることが多いのが窯業サイディングです。

※窯業サイディング・・・セメントに繊維質を混ぜ、板状に形成した外壁材で、機能性やデザイン性に優れており、日本で使われるサイディングボードのほとんどが窯業系サイディングとなっています。

②コーキングの劣化によるサイディングの板間からの侵入

建築物において目地剤などで隙間を塞ぐ作業をコーキングといい、使われる材料は樹脂です。コーキング材は年数、気候など様々な要因で劣化してくると痩せてきたり、ひび割れたりします。
そうするとサイディングとの間に隙間ができ、雨水の侵入する恐れがあるのです。

③サッシ廻りからの侵入

窯業サイディングやALC の場合サッシ周りもコーキングが打ってあります。外壁のコーキングと同様で、劣化してくると隙間ができ、雨水の侵入の恐れがあります。
特にサッシ枠の上は雨水や雪も溜まりやすいので注意が必要です。

*ALC・・・高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリートで、セメントペーストに発泡剤を加え製造されたもので、主に外壁材として利用

 

先述しましたが、外壁からの雨漏りは外壁材の内部に侵入し、室内に症状が出ないことも多く、症状が出た時には大規模な改修が必要になってしまう事もあります。
なぜそうなのか?
それは外壁の構造が関係しています。


外壁から侵入した雨水は通常であれば防水シートが守ってくれます。しかし防水シートが破れ、更に中に侵入してきたとしても
断熱材があり、部屋の中まではなかなか侵入してくることはありません。
なので部屋の中の壁に雨染みができたとしたら、それは雨漏りが発生してからかなりの時間が経っている可能性があるからです。

 

雨漏りは原因の特定が非常に難しく、なかなか直らないという方も多いと思います。
当社では経験豊富な技能士が無料診断も行っています。
ご相談だけでも受け付けておりますので是非一度お問い合わせください!

 

 

 

もどる