塗装工事・防水工事の豆知識

豆知識の詳細

縁切り、タスペーサーって何?

2022年11月13日

こんにちは。泉南市、泉佐野市を中心に外壁塗装・屋根塗装・屋根リフォーム工事を行っている関西リペイントです!

屋根塗装をする際、この単語がよく出てきます。縁切り(えんきり)、タスペーサー。

どちらも聞きなれない言葉ですが、屋根塗装をご検討されているならば、タスペーサーには使える使えない屋根があったり、メリットなどを知っておくと、ご自宅の屋根に本当に必要なのかどうかが判断でき、見積りの際も話がスムーズになりますので、今回はこの、縁切り・タスペーサーについてご説明させていただきます!

タスペーサーって何?

 

塗装工程の一つに縁切りと呼ばれる作業があります。

縁切りは屋根塗装を行う際に屋根材の隙間を塗料がふさいでしまわないようにする大切な工程であり、タスペーサーはそれを行う上で必要な道具となります。

縁切りの必要性

前述しましたが、縁切りとは屋根の塗装をする際に屋根材の隙間を作る工程です。

一部の屋根材には、内部に雨が入り込む性質があります。

そのため、水の出口がないと内部に水が溜まり、その結果結露が発生し、屋根裏を腐食させ、ひいては雨漏りに繋がっていきます。

そうならないためにも、屋根材の内部にある水を外へ逃がす隙間が必要となってくるのです。

屋根塗装をするとその隙間が塗料でふさがれてしまいます。

そのため水がたまらないよう隙間を作る道具が必要であり、その道具の1つがタスペーサーなのです。

しかしタスペーサーを使用せずとも塗装後にカッターや皮すき(金属ヘラのようなもの)で縁切り作業は可能です。

タスペーサーに比べると見栄えが悪くなったり、時間と手間がかかったりといった点もありますが、塗装作業は可能なため、業者の見積書にタスペーサーの記載がないからといって、低品質な工事をする業者だという指標にはなりません。

 

タスペーサーが使える屋根

タスペーサーを使用するのはスレート屋根のみとなります。

 

スレート屋根は以前「屋根材の種類」でご紹介しましたが、粘土板岩の薄板を使用した屋根材で、現在の日本住宅で最も利用されている製品といえるでしょう。

「コロニアル」「カラーベスト」はスレート屋根になります。

そしてタスペーサーは新品または屋根塗装の塗り替えが1回目のスレート屋根に使用します。

理由としては劣化が進んでいると屋根材自体が割れるおそれがあるからです。

なお、1996〜2008年ごろのスレート材で耐久性に難がある商品が大手メーカーからも販売されていましたため、その場合割れる恐れがありタスペーサーは使えません。

タスペーサーを使うメリット・デメリット

カッターでの縁切りする際の問題点を解消したのが「タスペーサー」
※タスペーサー・・・セイム社から販売されている商品名

◎縁切り部分の塗膜が剥がれる心配がなくなる

皮すきでの縁切りは人力で隙間をあけるため、せっかくキレイに塗装した部分が剥がれ傷つけるおそれがありますが、タスペーサーは下塗りの段階で設置するため、引き抜くだけでよく、塗膜を剥がさずにキレイに隙間を作ることが可能です。

 

◎塗装した屋根を足跡で汚さない

皮すきやカッターで隙間を作る際、塗装後の屋根に乗り作業するため、仕上がった屋根に足跡が残ってしまいます。その点タスペーサーであれば、抜く必要がないので足跡で汚す心配もありません。

 

◎塗装翌日に縁切りをしても穴がふさがらない

縁切りは早い場合、塗装の翌日には行いますが、翌日だと十分に乾燥されておらず、皮すきやカッターで隙間を作ったとしても幅が狭すぎて、ふさいでしまうおそれがあるのです。

タスペーサーは最初から十分な隙間が確保しているので、塗料で埋まってしまうなどの心配がありません。

 

◎作業効率UP

カッターや皮すきを使う場合、2人作業で丸1日かかります。ですがタスペーサーであれば設置する際に数時間かかる程度で済みますので、半日以上作業時間を短縮できることになりますので、人件費の節約にもつながりますね!

 

以上タスペーサーのメリットをあげさせていただきましたが、もちろんデメリットもあります。

それはタスペーサーを使用する場合、「追加費用」がかかるという点です。

ただ前述したように、カッターなどで縁切りを行う場合は工期が半日〜1日程度延びるため、人件費が高くなる場合もあり、最終的にタスペーサーを利用したほうが良いかどうかは、見積り段階で業者に確認するのも一つです。

また、それ以外のデメリットとしては、劣化し耐久性が落ちているスレート屋根にタスペーサーを使用する際、割れるおそれがあるということです。

しかし適切なメンテナンスを行っているスレート屋根であれば、基本的に人が乗っても割れない程度の耐久性はあるため、使用したことによって割れる心配はほぼありません。

 

まとめ

縁切りは、カッターや皮すきでも作業できますが、タスペーサーを使用すれば美しく仕上がった屋根が足跡で汚れる心配もなく、作業時間も短縮できます。

その一方で、屋根材が劣化している場合はタスペーサーの使用で割れるおそれもあります。

使用できる屋根材はスレートで、他の屋根材では使いません。

※スレート屋根でも縁切りは絶対条件ではありません。屋根に4mm以上の隙間がある場合は、縁切りによるタスペーサーは必要ではありません。

費用の相場は㎡あたり300~500円です。

タスペーサーがご自宅の屋根を塗装する際、必要かどうかメリットとデメリットを把握し、業者さんと相談されるとよいでしょう。

 

関西リペイントでは

ドローン撮影による屋根&外壁の無料調査でしっかりと状態をチェック!

屋根塗装・外壁塗装・屋根カバー工法工事・防水工事・雨漏りまで、それぞれのお客様のお家に最適な工法や商品で施工しております。

屋根リフォームでお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

泉州地域 大阪府 和歌山県 泉佐野市 阪南市 泉南市 熊取町 貝塚市 岬町 岸和田市

 

 

 

 

もどる